紫外線対策 UV

私たちの健康と子供たちの未来を脅かす有害な紫外線

紫外線が増加すると、水上・陸上の生態系や農業生産への影響のほかに、人へのさまざまな悪影響も見逃せません。多くの研究により、紫外線を浴びすぎると皮膚ガン・白内障・シミなどの人の健康への影響があることがわかってきました。
日本でも紫外線に対する関心が少しずつ高まってきています。

紫外線の影響

  • UV-C
    大気層(オゾンなど)で吸収され、地表に到達しない。
  • UV-B
    ほとんどは大気層(オゾンなど)で吸収されるが、一部は地表へ到達し、皮膚や眼に有害である。日焼けを起こしたり、皮膚ガンの原因になる。
  • UV-A
    UV-Bほど有害ではないが、長時間浴びた場合の健康影響が懸念されている。

紫外線とは

太陽光の光には、目に見える光(可視光線)のほかに、赤外線や紫外線が含まれています。紫外線は地表に届く光の中で、最も波長の短いものです。紫外線は、季節別に見ると、夏に強く冬に弱くなります。また、時刻別に見ると、正午前後が紫外線は最も強くなります。

紫外線の影響

紫外線から体を守る方法は、帽子をかぶる・日焼け止めクリームを塗るなどいくつか考えられますが、クラレプラスチックスはテントを使用しての紫外線の浴びすぎ防止を提案します。直射日光が降り注ぐ場所にテントを設置し日陰を作ることで、紫外線遮断の効果が出ます。すでに、一部の小学校や保育園などでは、プールや遊び場などにテントを設置し、子供たちを紫外線から守っています。

関連コンテンツ